製粉機と健康

実家製粉とライフスタイル

New website!

グループ

健康でスタイリッシュな方の為のウェブサイト

 

雨水利用の商品


製粉機なら、oeconex

zatopek42@gmail.comにご連絡ください。

ブログ記事

恵比寿のガレットスタンド

“ガレットをもっと身近で気軽なものに”

フランスの伝統料理「ガレット」は、私たちにとっても馴染み深い食べ物。ガレットの生地は日本人の大好きな蕎麦と同様、そば粉から作られているのです。



「美容と健康によいフードとして愛されている蕎麦のように、 ガレットをもっと身近に楽しんでいただきたい」という思いから“ガレットスタンド”は誕生しました。



昼はカフェやテイクアウトでの気軽なランチとして、夜は…

続行

"juergen wittstock" さんによる投稿 (10:28am 6 月 23, 2015)

もち小麦と石臼atファーマーズマーケット

麦茶とパンは美味しいですね!

収穫して。。。

製粉して、美味しく頂きましょう!…

続行

"juergen wittstock" さんによる投稿 (7:24pm 6 月 14, 2015)

イベント

フォーラム

健康的な色々

英語ですけど健康大事して人には役に立つそうです。 見てみましょう …続行

"ジェラルド ロブ 3 月 3, 2010" さんが開始。

メンバー

最新アクティビティ

konishi.hikikiさんのブログ

パンづくり in Kyoto

 オーガニックカフェ&ギャラリー東西南北カフェにて「ドイツパンづくり 体験&交流会」を行います。日時:1月29日(土曜)参加費:1000円から定員:15人程度場所:京都市左京区浄土寺下馬町103講師:ユルゲン ビットシュトック(HIKIKI organic label)オーナー:桜井プロフィール無農薬の酒米作りに取組む等問い合わせTEL:075-751-1187email:konishi.hikiki@gmail.com紹介・販売している民芸品など。全国の数少ない職人さんの作品を展示・販売。「本物だけを置いている」そう。つづきを読む
1 月 22, 2011
konishi.hikikiさんのブログ

エコのマラソン大会!

イベントのお知らせ  わたしたちが毎日口にす食べ物の中には残念ながら必要以上に添加物が含まれている加工食品もあり、長い目で見ると必ずしも体に良いものばかりではありません。また限りある自然資源を無駄に使うような過剰包装も周りにあふれています。わたしたちだけでなく次世代にも大切なやエコについて考えませんか?大会当日はランニングと共にエコ生活、健康な食生活についてもお知らせがあります。2011年4月17日(日)埼玉県戸田市でマラソン大会彩湖(さいこ)エコ5kスプリングが開催されます。HIKIKI organic labelがスポンサーになりました。エコをテーマにした大会で、初心者向けの楽しい大会で種目は ファンラン 男女5kの部      男女ペア5kの部にする予定です。詳細、お申込は以下のホームページをご覧ください。 現在130名申込中。定員がございますので申込お早めに。…つづきを読む
12 月 24, 2010
㈲遠藤青汁大阪研究所さんのブログ

今年は北海道も暑かった

私たちは毎日ケールの青汁がみなさんが飲めるよう、ケール生葉を切らさないようにと、夏は北海道の千歳で有機栽培のケールをお願いしています。梅雨の無いはずの北海道が6月に例年の3倍の雨が降り、7月に入ると本土と同じように一気に真夏日が続きました。広大な畑の青虫を手でとる作業は非常に大変だったと聞きました。全国的にケール生葉が無くなったこの夏、頑張っていただいた、北海道の生産者に感謝!つづきを読む
11 月 3, 2010
konishi.hikikiさんのブログ

日替わりシェフレストラン

先日、埼玉県の小川町に行き、小川町の野菜が主役の日替わりレストラン ”ベリカフェ つばさ 遊ぶ”に立ち寄りました。曜日でお店が変わるシステムで月曜日は霧里農場のメニュー。野菜を使ったお料理  一皿100円新鮮な野菜を使用しているのでおいしい!卵かけご飯セット 400円小川町駅から徒歩2分 埼玉県小川町大塚1184つづきを読む
8 月 7, 2010
プロファイルのアイコン"㈲遠藤青汁大阪研究所" さんおよび "nora@heian" さんが "製粉機と健康" に参加しました
7 月 14, 2010
"nora@heian" さんが自分のプロフィールを更新しました
7 月 13, 2010
konishi.hikikiさんのブログ

アースガーデン&麻こころ茶屋のレシピ本

7月3、4日代々木公園で行なわれたアースガーデンに出展しました。今回はヒキキキッチン、手動製粉機(非売品)石臼(非売品)を展示麻こころ茶屋さんの全粒粉クッキーの販売をしました。                                                               クッキーはアニス、ジンジャー、チャイの3種類を販売。『季節野菜を食べるおかず、スープ、おやつ。 -麻こころ茶屋の野菜と果実のおいしいレシピ-』河出書房新社1575円 麻こころ茶屋さんのレシピ本も紹介。ヒキキの写真も掲載されてます!以前、キッチンを購入されたお客さまやキッチンをネットで見たけど、実物が見たかったというお客さまもいらっしゃいました。お越しくださったみなさまありがとうございました。次回は10月に出展予定です。つづきを読む
7 月 6, 2010
konishi.hikikiさんのブログ

麻こころ茶屋

Hikiki organic label の代理店になっているカフェ、麻こころ茶屋を紹介します。素材にこだわり、丁寧につくられた、料理やスイーツを楽しむことができます。隠岐の島のお茶7月3、4日のアースガーデン時間:10:00~17:00場所:代々木公園入場無料ではHikiki organic label のブースにて麻こころ茶屋で作ったクッキー3種類全粒粉と米あめ↑(石川県加賀市で伝統的手法で作った)を材料としたものを販売します。お店のホームページhttp://www.macocorochaya.com/home.htm投稿者 konishi hikiki 時刻:…つづきを読む
7 月 1, 2010
プロファイルのアイコン"haruna" さんおよび "toni kleinlercher" さんが "製粉機と健康" に参加しました
6 月 30, 2010
"Toshie Tokumoto" さんが "製粉機と健康" のメンバーになりました
5 月 24, 2010
konishi.hikikiさんのブログ
5 月 9, 2010
"Sachiko Chiba" さんが "製粉機と健康" のメンバーになりました
5 月 6, 2010
"北岡 加奈" さんが "製粉機と健康" のメンバーになりました
5 月 2, 2010
konishi.hikikiさんのブログ

パンケーキ

最近、パンケーキがひそかなブームになっているようです。パンケーキはホットケーキともいわれていますがもともとはパン(鍋」)で焼くから、パンケーキといわれているようです。おやつ感覚で食べらているイメージですが、ひと工夫すると食事としてのメニューにもなり、パンケーキにベーコン、ソーセージ、レタスやチーズをのせてクレープ感覚で手軽に食べることができます。パンケーキ用の粉も売っていますが、製粉したての粉を使用」するともちもちとした食感が楽しめます。■作り方材料(6枚分)全粒粉(ヒキキで挽いたもの)100g薄力粉 100g卵 1こ水、または牛乳 150m黒豆 適量※全粒粉よ薄力粉の配分はお好みで1、全粒粉と薄力をふるいにかけます。2、ボールに分量の卵と牛乳を入れて、粉加えてならかになるまで混ぜます。3、フライパンを熱して、うすく油をひきます。生地を丸く流し入れ、弱火~中火で2分ほど焼きます。4、表面にぽつぽつ穴ができたら裏返して2分から3分焼きます。全体に火がと通ればできあがりです。つづきを読む
4 月 26, 2010
konishi.hikikiさんのブログ

製粉機 ヒキキの石臼

混合超硬石(コランダムとセラミック)Hikiki organic labelの製品はチロル地方の職人により、品質にこだわりを持って手作りされております。天然素材の超硬石(コランダム)の使用により、一般の製粉機とくらべ製粉時に発生する熱が低く、穀物本来の味、香を失うことがなく、挽くことができます。挽き石は目立ての必要がなく、手入れが簡単です。柔らかくふわふわとした穀物粉を短時間のうちにつくることができるヒキキシリーズのの製粉機を是非ご家庭でもミキサー感覚でご使用してみませんか?つづきを読む
4 月 13, 2010
konishi.hikikiさんのブログ

いなごの佃煮

「いなご」とはバッタのような姿をして稲の中に生息している昆虫です。「農作物を食い荒らす昆虫」ともいわれ、私の小学校ではそれを退治するてためと、資金集めに毎年秋になるとイナゴ取り大会が行なわれていました。いちばん多く、取った者は学年別でメダルが授与され、私はメダルほしさに小学校3年の時は必死で取った記憶があります。朝、5時ごろに起き、布袋を持って田んぼに行くと、イナゴも眠っているのかじっと稲の上に止まっていました。手をすばやくばさっとかぶせて、イナゴを取る作業はとても地味でしたが、おんぶイナゴ(大きいイナゴの上に小さいいなごが乗っているもの)をゲットした時はラッキーな気持ちになりました。不真面目な男子は”かまきり”や”バッタ”を捕まえて、袋に入れ、目方をかせぐのですが、ばれる者もいました。実家ではイナゴを毎年、料理し、佃煮にしてよく食べていました。作り方は一日干すしたイナゴをゴミなどを取り、お湯でゆでます。ゆでると海老色になります。さめてから羽や足を取り除きます。フライパンで熱し、醤油、砂糖、みりん等で味をつけます。たんぱく質、ビタミンが豊富で、かりかりした食感です。味をつけず、ミキサー…つづきを読む
3 月 30, 2010
 
 
 

バージョン情報

© 2019   Created by juergen wittstock.   提供:

問題の報告  |  サービス規約